2007年08月の記事一覧

スポンサーサイト

快眠グッズは快眠をサポートしてくれるもの

快眠グッズが雑貨店やネット店舗でも数多く並んでいるのを見る機会が多くなりました。代表的な快眠グッズとしては快眠枕とか、低反発マット、アイピロー、冷え対策用のものだったり、暑さ対策用のものだったり様々な種類の快眠グッズが販売されています。快眠グッズは別になくても良いが、あるとより快適に眠れるものや、快眠グッズがないとぐっすり眠れないといったものまで様々です。例えばいびきを防止するグッズなどは、いびき...

睡眠を大切にすること

快眠グッズを購入しても、睡眠時間が短かったり、睡眠が不規則だったりしていれば、快眠グッズ購入の意味はありません。快眠グッズは睡眠の質を向上するために購入するもののはずです。しかし自ら不規則な睡眠をしていたら、快眠グッズはゴミ同然です。最近では睡眠を軽視している傾向があります。夜遅くまで遊んでいる人、夜遅くまで携帯で話している人。夜遅くまで深夜番組を見ている人、夜遅くまでゲームをしている人。でも朝に...

快眠グッズの流行とストレス社会

快眠グッズが流行してきた背景には、熟睡できる人が減少してきたことがあるのかもしれません。現代社会はストレスにさらされています。朝起きて会社に行くときの電車のラッシュ、会社に行けば当たり前に残業、仕事は一生懸命にやってはいても、給料は増えない。自宅に帰るのは夜遅くになり、一家団欒の夕食などは皆無です。ストレスを抱えていない人はゼロなのかもしれません。快眠グッズは、そんなストレスに毎日さらされている現...

快眠グッズと寝つき

快眠グッズを購入した人の中には、本当に眠れなくて悩んでいる人もいると思います。不眠症とまではいかなくても、ベッドに入っても寝付くまで1時間以上もかかる人も多いと思います。なかなか寝付けないと、だんだんイライラしてきたりするので余計に眠れなくなります。快眠グッズはどちらかというと、寝心地をよくするようなものが多いです。例えば枕だったり、ベッドマットだったり、冷え性の人のためには足を温めるようなものだ...

快眠に効果のある飲み物

快眠グッズとは少し違いますが、寝つきが悪い理由が明確でない人はまずは自分が心地よいと感じる飲み物、香り、音楽などを探してみるといいかもしれません。まずは自分はこうすれば眠りにつけるといったものを探し出すことが大事です。いろいろと試してみるといいと思います。快眠グッズには特にはありませんが、寝つきがよくなる飲み物があるようです。聞いたことがあると思いますが、眠くなってきたらコーヒーなどを飲むといいと...

アロマの効能を利用した快眠グッズ

快眠グッズには香りが含まれた快眠枕や、アイピロー、鼻詰まりをとりのぞくものやシーツなどが販売されています。特に快眠グッズの中では枕やアイピローのものが多く販売され、非常に人気があります。多くの商品がアロマの効能を利用したものとなっていて、リラックスして快眠できる効果が期待できます。アロマとは芳香のこと指します。そしてアロマテラピーという言葉を聞いたことがあるとお思いますが、これは芳香療法ということ...

快眠音楽でリラックス

快眠グッズの中にはいくつかあるようですが、音楽も寝つきをよくするためには効果的とされています。眠りを誘う音や音楽として思いつくものといえば、自然が作り出す川のせせらぎや波の音などの音、それからヒーリングミュージックと呼ばれる音楽もあります。それからモーツァルトの音楽も快眠に効果があると聞いたことがあります。音に関する快眠グッズの中には枕にスピーカーが内蔵されていて、枕から音楽が流れてくる快眠枕があ...

不眠症の原因と治療

快眠グッズなどを使用しても、どうしても眠れない人がいます。そのような人は不眠症かもしれません。不眠症は普通に存在する症状とされていて、人口のほぼ10%が慢性不眠症といわれています。そしてほぼ50%が何かしらの不眠を経験しています。不眠症の原因とはいろいろ考えられます。・睡眠パターンの乱れ・カフェインの過度の摂取・ニコチンの過度の摂取・心理的ストレス・アルコールの過度の摂取不眠症の治療方法としては、まず...

快眠枕の選び方

快眠グッズではたくさんの種類が販売されている快眠枕ですが、きちんと選ばないと余計に眠れなくなってしまうことがあります。よく小さいころに「枕が換わると眠れない」といった子供がいたものですが、実際に大人になっても枕が自分に合わないために眠れない人がたくさんいます。枕は機能性も大事ですが、自分にあっているかをしっかりと見極めましょう。快眠グッズの枕ですが、正しい快眠枕の選び方は存在するのでしょうか。枕の...

«前のページへ | トップへ戻る |  次のページへ»

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。